グリコーゲン 摂取 方法

グリコーゲンのラクな摂取方法の仕方

 

 

グリコーゲンというと含まれている食品の中でいうと、イメージとして一番初めに浮かぶのが”貝類”だと思います。

 

 

貝類といえば「赤貝」「しじみ」「はまぐり」「牡蠣」「あさり」「ムール貝」…など数えると色々あります。

 

 

 

その中でグリコーゲンの含有量の%が多いとされているものが”牡蠣”。貝類では比較的100g辺りに1%ほどしかないと言われていますが、牡蠣には約4%ほどあると言われています。

 

 

そのためグリコーゲンの成分をしっかりと摂取されたい人は”牡蠣を食べることがグリコーゲンを多く摂取したい人にとっては最も効率的”だといえます。

 

 

 

ただ牡蠣というと調理が少し面倒という点と生は危ないというイメージがあります。牡蠣の調理だとフライ、あるいは天ぷらで食べるケースが多くあまり焼きすぎてしまうと固くなってしまいますし栄養価も加熱するとなくなる成分もあります。

 

 

 

その一方で生で食べるとカンタンで美味しいですが鮮度の良い物を食べないと食あたりになるケースがあります。これは牡蠣が悪いわけではなく貝類は生で食べると基本的にはその危険性はありますし、貝は基本的にアサリで言えばアサリご飯やあさりスープ、チャーハンなど”焼いて食べる”というケースが多いはずです。

 

 

 

ですので、その辺がグリコーゲンを摂取したいと思い、グリコーゲンが多く含まれている牡蠣を食べようと思っても中々手に取りにくいという人がいる理由だと考えられます。

 

 

 

そこで一番ラクに効率よくグリコーゲンを摂取する方法がサプリメントであると思います。サプリメントであればそのような危険性はなく欲しい成分をそのまま摂取できるため色々なことを考えてもベストな選択といえます。そして、さらに言えばできれば牡蠣の濃度が濃いサプリであれば更に良いと思います。

 

 

 

牡蠣サプリで濃度が高い…というと、要するに”牡蠣がいくつも凝縮されているサプリ”になりますが、そんな牡蠣サプリでおすすめなのが”海乳EX”です。

 

>>海乳EXのサプリの効果についてはこちらから<<

 

海乳EXは1袋に牡蠣が155個入っていると言われています。普通の牡蠣サプリでもこれほど濃度が高いものは少なくとも私は見たことがなく、知っている範囲でいえば1袋あたり30〜50個くらいで海乳EXと比べると約3分の1〜4分の1くらいが平均になるかと思います。

 

 

 

 

さらに牡蠣にはグリコーゲン以外にも【亜鉛】【アミノ酸】【ビタミンB郡】【アルギニン】【トリプトファン】【ビタミンA】【ビタミンC】【葉酸】【アスパラギン酸】など非常に身体の”活力”に関わる成分は多分です。ですので、グリコーゲンを効率的に摂取したい方法を探している人やその他身体の元気が最近イマイチ…という方にも海乳EXをおすすめします。

 

 

>>送料無料で海乳EXを購入したい人はコチラから!<<