牡蠣 栄養 食べ方 摂り方

牡蠣の栄養の上手い摂り方と食べ方

牡蠣は食中毒が多いというイメージが強いと思います。

 

 

ただ牡蠣というよりも主に2枚貝から発生することが多く特に冬場に発祥されノロウイルスなどは代表的なもの。

 

 

2枚貝で知られるポピュラーなシジミ、ハマグリや3,4年貝くらいの大きさまであるウチムラサキ貝と呼ばれる大アサリにも実は潜んでいるケースがあると言います

 

 

ただ牡蠣が食中毒や食べると下痢になるケースがあるというイメージが強いのは”生で食べることが牡蠣は多い”これが理由の一つのように感じます。

 

 

シジミ、はまぐり、大アサリなどは基本アミで焼いて食べたり、味噌汁、パスタなど加熱するケースがほとんどなのであまりそういったイメージが少ないんだと思います

 

 

そして、2枚貝の病原菌は主に貝の内臓に集まります。ですのでしっかり焼いて食べることをお勧めいたします。


ただその一方焼くとミネラルやビタミン、タウリンが減少してしまうので牡蠣も焼いて食べるとデメリットは確かに存在します。

しかし、牡蠣の滋養強壮の重要な部分の”亜鉛”に関しては影響はないと言われています。ですので、いろんなことを踏まえて考えると牡蠣の場合は焼くことも生で食べることもメリット、デメリットはそれぞれあります。

 

 

 

そういったことを踏まえて考えると、総称して牡蠣に関してはサプリで必要な栄養素を身体に取り入れるという考えは、良いと言えます。その牡蠣サプリの中でも本サイトで勧めている”海乳EX”は牡蠣の栄養素も非常に濃密に含まれているので、身体に採りいれるにはうってつけというわけです。

 

 

 

さらに詳しく書くと海乳EXのサプリは、1袋に約150個ほどの牡蠣を入れているので、その効果は非常に高い

 

 

 

海乳EXの口コミを見ても、「海乳EXを飲んで確かに効果は感じた」という意見は多くあります。

 

 

牡蠣自体の栄養素は非常に魅力的な成分を含んでいるので、上手く身体に採りいれることができれば生活面でも非常に助かると思います。

 

 

 

私もそうですが、年齢を重ねていくと若いころと比べて、元気や身体の動きが弱まっていくと思います。精神的なもの、身体的な部分を見ても牡蠣にとらわれず自分に足りない色々な栄養素を上手に取り入れて生きていくのは上手く生きていく秘訣です。

 

 

>>送料無料で海乳EXを購入したい人はコチラから!
>>海乳EXの効力、効果について